タグ: Pentax

Pentax K-3、ひとまず実戦投入してみた

リコーイメージングの『Kマウント 最上位機種 一眼レフ「PENTAX K-3」発売前タッチ&トライ ブロガーミーティング』に参加し、モニターとしてお借りしているPENTAX K-3のレポートです。

イベントの翌日から山形へ旅行へ行ったのですが、お借りしたK-3を早速実戦投入。300枚くらい撮ってきました。出発する前に機能の再確認、設定項目の再確認と設定作業をする暇がなかったので、バタバタと出発し、旅行を楽しみながら機能をいじりました。

下記に載せた写真とFlickrにアップした写真は全てJPEG撮って出しです。あえてそうしてます。それから、持って行ったレンズは18-135mm、DA Limitedの23mm、35mm、70mm、そしてFA50mmです。

K3AM0080

その場での確認では高感度対応はK-5と同じくらいかなぁ、という印象。
Continue reading

1年間使ってきたK-7と、タッチアンドトライしてきたK-5の感想

K-7を買ったのが2009年の10月31日。半年経ったころにレビューを幾つか買いますよー、と書いておきながら日が経ち、気がつけば後継機種K-5の足音が聞こえてきました。足音どころか、発売予定が10月末から今週の金曜日、15日、に繰り上げになってしまいましたよ。と言うかもう今日ですねフライングで手に入れた方もいるようで。そんなに無理に急がなくてもいいのに、ペンタックス。発売日すぎちゃった・・・。

さて、先日K-5を触ってきました。その感想を、書きそびれているK-7の感想とまとめて書くことにしました。もう製品版が出回っているので、あまり参考にはならないかもしれませんが、自分の考えをまとめる為にも書いてみます。(注意:長文です。。。)

Continue reading

K-5体感トーク&ライブへ行って来た

10月2日に秋葉原UDXにて行われた、ペンタックスの新しい一眼レフ「K-5」の体感トーク&トークライブへ行って来た。実際にK-5に触ってきた他、トークライブも聞いてきました。ちなみに、去年のK-7の同様イベントもここ秋葉原UDXでしたね。

なお、K-5の感想は別記事にすることにしましたのでしばしお待ちを。K-7レビューを書くと書いておきながら、書いてなかったので、1年使ったK-7の感想と共に記事にしようかと。K-5の改善点はK-7の不満点ですからね。

この記事では会場の様子なんかを簡単に。

お昼ごろに会場に着いたら、が~らがら。待たずにK-5にお触り。ペンタックス社の方に幾つか質問をぶつけつつ、10分ぐらいパシャパシャ。

K-5 - タッチ&トライコーナー

タッチ&トライコーナー

次に高感度コーナーへ。専用のコーナーを設けるということは、高感度対応と暗闇でのAF性能を今回最もアピールしたいということなんでしょうね。

高感度撮影体験コーナー

高感度撮影体験コーナー

最後はトークライブコーナーで田中さんのお話を聞いてきました。毎度のごとく時間たりなさすぎw 田中さんの感想や裏話はともかく、メカの解説―一眼レフの光の通りとかAFユニットの仕組みとか―がとても分かりやすかった。初心者向けの撮影本もいいけど、そういうメカ本も執筆したもらえないかなぁ。

実機を触り、AFの性能が間違いなく上がっているを確認したので、もっと早く起きて1本目のMTBのトークライブを聴けばよかったと反省。イベント会場と実際のフィールドではまた違いますからね。

田中さんのトークライブの映像が早や、と言うか予想通り、YouTubeに投稿されてますね。とは言え、実機を触るのと、動画を見るのとでは大違いなので、他会場に行かれる予定の方は予定通り行かれるのがよいと思いますよー。

会場にはK-rも展示されてました。先日ペンタックス・フォーラムに立ち寄った時、赤のK-rが無かったのですが、ここにありました。K-xの赤はとてもくすんだような、つや消しされた赤・ピンクとでも言おう赤。でもK-rはつやつやの赤!K-xに比べて全体的に塗装がきれいな印象を持ちました。ほら、青赤一眼とか。。。

K-r

K-r

最後にこれ。K-5のイベントですが、一番驚愕したのが645Dで撮影された写真の引き伸ばしたパネルです。645Dのイベントで見たときも驚愕しましたが、何回見ても驚きを隠せませんね。

K-7を使い始めて2ヶ月経ったので感想などを少しずつ

K-7を使い始めて2ヶ月が経ちました(10月に購入)。ここで、これまで感じた使用感や個人的な評価などを、数回に分けて書いていこうと思います。本当は1ヶ月経ったら書くつもりだったんですけどね(笑)。遅くなった分、ガシガシとK-7で撮影してるので、よりよい記事にできればと思っています。

Pentax K-7

K-7のおおまかな感想

まず始めに、K-7の感想と個人的評価をざっくりと端的に述べると「素晴らしい」の一言です。特にボディの小ささや扱いやすさ、機能面が優れています。画質も素晴らしいと思います。しかし、もちろんの事ですが「完璧」ではありません。比較的オールラウンドなカメラとはいい難く、得意、不得意なシーンでの差が大きいようにも思います。

Continue reading

Golden Tree, Evisu, Tokyo

Golden Tree

あまり聞かないけど、恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションもそこそこ綺麗でした。ちょっと、オレンジー、な世界がうるさく、前ボケとか後ボケに入れたいクリスマスっぽいオブジェが無いのが残念だけど。

だからカップルをシルエットに。日本だと、クリスマス=12月のバレンタインデー、みたいなとこあるしね。

旧東海道のフォトウォークとJapanoramaの写真教室

夏頃、正確には8月の終わりですが、Flickrグループのどれかのフォーラム経由で見つけたサイトがJapanorama.co.uk。英国人で東京在住のフォトジャーナリスト、アルフィー・グッドリッチさんが主催しているサイトです。アルフィーが日本で撮った写真や、それらに関する記事を書いていたみたいですが、今は共感する他のプロ写真家も加わったりして、フォトレッスンを行ったりもしています。

Japanoramaを見つけた週の週末にちょうど行っていたフォトウォークのレッスンが夜の新宿→新大久保であったので参加してきました。次いで、自然光やフラッシュを使ったモデル撮影のレッスン。そして先日、と言っても1ヶ月前の11月8日ですが、。ちょうどWordCamp Kyotoでその話をしたおでさんも誘って、東海道沿いを歩くフォトウォークのレッスンに参加してきました。

この地域は一度は行ってみたかったので、楽しみにしてたんですが、いいとこですね。

まず海を近くに感じます。

Thats how the pro do it.

Continue reading

DA★50-135mm F2.8を借りてみた

先週末の土曜日、新宿にあるペンタックスフォーラムにて開かれていた写真展「PENTAX K-7の世界」を見てきました。そして、同時に開催されていた「レッツ・トライ!K-7、K-x、DAレンズを試写してみませんか?」でレンズを借りてみました。

PENTAX K-7の世界

プロの方々とK-7で撮影された写真です。レンズはキットレンズだったり、魚眼だったり、Limitedやスター、様々です。フォーラムの方ともちょっと話たので、簡単にまとめると。

  • ラムダプリントでサイズはポスターサイズ(B1)。
  • 近づいて鑑賞すると、それはさすがにアラ探しになる。
  • おおよそ、写真の対角線の2倍の距離から鑑賞すべし。
  • 丹地敏明氏の「未来へ」は30秒のシャッターながらも、三脚を手持ちにして撮影したらしい。

なるべくJPEGもしくはキットレンズで撮影した写真をじっくりと見てみました。

I would never go on that thing. Never.

Continue reading

旧古河庭園の秋のバラフェスティバルをK-7で撮ってきた

真新しいK-7を持って、今日は旧古河庭園に撮影に行ってきました。本当は季節柄、紅葉をとりに行きたいのですが、都内ではまだまだ。ならば、ちょうど秋のバラフェスティバルをやっている旧古河庭園に、と。何回か行ったことが有る場所なので初撮りしにいくのはちょうどいいかなぁとも思いました。

IMGP0017

今日はまず、操作になれる事を第一目標とし、設定は全てディフォルトのまま。新しいファームウェアを入れて行ったので、途中で「測距点SEL時の動作」だけ変更。

IMGP0025

K-7、撮ってて楽しいです。めちゃくちゃ。体感+トークライブで触った時、手に持った時の重さや握ったときの感触、ファインダーを覗いた時の広さと見やすさ、ダイヤルの回しやすさ等々に「おおおおっ!」と感じたんですが、今日も数時間撮影していて改めてそう感じました。

Continue reading

Pentax K-7 購入!

しばらく迷ってはいたのですが、昨日ペンタックスのデジタル一眼レフ「K-7」のレンズキットを買いました~。

Pentax K-7

購入したのは新宿のマップカメラで、価格は119,800円+期間限定2000ポイント付き。新品です。発売されたのが6月末なので、相場もだいぶ下がってきました。

K-7で撮影した記念すべきファースト・ショットは・・・

Pentax K-m shot by K-7

これまで約1年間活躍してきたK-mです。K-mは下取りに出すことも検討しましたが、出さずにサブとして手元においておくことにしました。僕にとっては初デジ一だったので愛着もあります。

(えー。厳密には↑の写真は2枚目っす。1枚目は思いっきりぶれちゃったw)

と言うことで、これからちょっと撮影に出かけます。東京は紅葉がまだなのが残念ですが、今日は太陽が気持ちいい。いい感じの丸ボケとか夕日とかも撮影できるかもしれませんね。

Ella

Ella

拡大するとやっぱりピントはドンぴしゃじゃなかった。ISO400でもこれくらいの解像度なのかな。いや、たぶん自分のピント合わせがうまくいっていないんだと思う。f1.4だから余計にピント合わせがシビアになるしな。

どうもやっぱりこのFA50mmはピントが真ん中に来ていない。調整に出す必要があるかも。

夕方から夜にかけて撮影する場合、やっぱりスーパーインポーズがないのは結構痛いと最近思うようになった。中央1点に合わせても、その中央の部分が見えずらい。K-xはそこが一番残念。

ここ1~2年で視力が急速に落ちてきた。右が0.1に。左が確か0.3。ファインダーは左でのぞく。視度調節のファインダーを検討した方がいいのかな。それがうまくピント合わせができない方向に影響してるのか。

やっぱりその場でカメラの液晶で確認するには、K-mのじゃダメだ。おおざっぱにしかできない。

ただ、このまえこのレンズで撮った写真は、丸ボケがめちゃくちゃ角張ってた。それが今回はカクカクさがない。なぜだろう。

Lightroom(体験版)でEllaの写真を選別しながら、そんな事考えてた。

Pentax K-7をタッチしてきた

1週間経ってしまいましたが…土曜日に秋葉原UDXにて行われたK-7の体感&トークライブに行ってきました。AMDのCPUではありません。ペンタックスの新しいデジタル一眼レフカメラです。

Created with Admarket’s flickrSLiDR.

報道記事と、実際に見て触って、セミナーを聴いて、個人的に「これはいいっ!」と思った点ははこんな感じです。
Continue reading

19日にドコモ、21日にペンタックス

今週はちょー気になる新製品の発表会が2つ。

まず1つ目は明日(今日になってしまいましたが)19日に行われるDoCoMoの夏モデル発表会。Google携帯のAndoroidが発表されるとかってニュースが出てますが、Dユーザーの僕としては、スライド端末の方に注目してます。iPhoneを買おうかどうか悩み中なので、その判断材料の為にも今回の夏モデル発表はちょっと注目してます。

2つ目は5月21日木曜日のペンタックス新モデルの発表

あくまでも3月時点での話だが、本田氏による取材中、川内氏からは「使ってみると愛着が沸き、手元に置いて寝たくなるようなカメラ」、「リミテッドレンズを付けて散歩に出かけたくなる軽快な製品」との発言もあったという。

ペンタックス、新デジタル一眼レフを5月21日に発表

と言うことなので、K-mのミドルクラス版みたいなのを期待してるんですが。今週末には「NEW K体感&トークライブ」が秋葉原で開かれる予定ですので、行くつもりをしています。そういえば去年も似たようなイベントに行ってきたなぁ。あのときはK20DとK200Dだった。