カテゴリー: 海外の事

海外に関する話題です。10年間をすごした英国の事や、異文化な話題、出張で行った国々の事など。

英ポンドの急落止まらず120円台に

21日のロンドン外国為替市場で、英ポンドの急落が止まらず、円相場は夕方にかけて一時、1ポンド=119円台前半まで円高・ポンド安が進んだ。

ここ数ヶ月、米ドルに対しての円高が騒がれてるが、英ポンドもとんでもない事になっている。僕は10年強、英国と日本を行ったり来たりしていたけれど、その間円高が進んでもせいぜい1ポンド約150円だった。円安が進んでも1ポンド約250円。つまり、1ポンド150円と250円の間で上がり下がりしてた訳だ。それが今1ポンド120円前後になっている。

yengbp10years

留学すると学費や家賃、生活費が必要となってくるが、これらの額は大きい。たとえば大学の理系コース(学士)に留学すると、学費は年間9000ポンドは下らないはず。だから、10円上がったり下がったりしただけでもその影響はとても大きい。僕が大学1年生の時1ポンドは約200円たったが、2年生の時は約170円まで円高が進んだ。もちろん学費はポンドで請求され、学年が上がれごとに学費も少しづつ上がる。けれどこれを円に換算すると、1年生のときに掛かった学費で2年生の学費プラス半年分の家賃が払えた。実は恥ずかしながら、大学に入るまで学費とか生活費が幾ら掛かっていて、為替レートの上がり下がりによって円に換算した額が大きく変動する事をよく理解していなかった。なので、これを知った時は結構衝撃を受けた物です。

この円高がいつまで続くかによりますが、今年英国留学する人達にとっては追い風になるだろうな。特に学費を払わなければいけない9月頃になっても120円前後だと万々歳だ。

ちなみに僕は今年英国に旅行しようかとおもってる。なので、今のうちにポンドに換えておこうと思いつつ、タイミングを見計らっているのだ。とは言っても、一番お金が掛かるのは飛行機代。円払いだよ(泣)。

TOEIC試験を受けてきました

先日も書いた通り、仕事の都合でTOEICを受けることになったので、11日の日曜日に受けてきました。ちなみのその記事には12日って書いたのですが間違いです(汗)。

やっぱりどれだけ準備をしようが、自信があろうが、試験だと何が起こるかわからない物ですね。リスニングのPart 2が始まるって言うときに隣の人が何かぼそぼそっと独り言をしたのに一瞬気をとられ、Part 2の1問目の会話内容をちょっと聞き逃した。それにちょっと動揺して15問くらいペースが掴めませんでした。答えはしたけど余裕がない感じ。同じように1問、また1問と会話を少しづつ聞き逃し始めたので「これじゃあかん!」と、聞き逃した問題は忘れ、気持ちを切り替えました。より難しいパートに移る前にペースを掴めてよかったです。

ちなみに、僕の試験会場が大学だった事もあってかやはり周りは大学生が多かったように思います。顔写真付きの身分証明書を本人確認の為持参する必要があったのですが、少なくとも僕の周りでは学生証を提示している人たちが比較的多かった。僕も含めて、運転免許証を提示している人たちは大半が社会人なのかなぁ、と思いました。

結果発送予定日は2月11日。僕はインターネットでの受験申し込みをしたので、この発送予定日の1週間前にネット上で確認できるそう。と言うことは2月3日ですね。正解しているのかどうかいまいち自信がないのがリスニングでは5問くらい、リーディングでは3問。なので一応自己採点では少なくとも800後半から900はいってると思うんだけどなぁ。

(注:試験からもう1週間立ちましたが、Vistaの不調+再インストールや自分自身の体調不良などで、ドラフトのままでした…)

またイランに行ってきました

どうも、しばらくぶりです。気がつくとほぼ1ヶ月更新が止まってました。この4週間、前半は仕事の他にいろいろとする事が重なって忙しく、後半はイラン出張。

今回でイランは3回目にですが、全体適相変わらずです。ブログでかけない仕事の事をのぞくと今回の主なハプニング等は:

  • 入国の際に指紋を採られそうになった。
  • イランの冬は寒い。雨は降るし、風は強いし、雪は降る。
  • イランに行くと僕はどうも鼻の調子がおかしくなる傾向がはっきりわかった。
  • エスファハンのイマーム・モスクへまた行ってみた。前回は中に入れなかったから2度目の挑戦。でもまた撃沈。臨時休業(泣)
  • イランじゃないけど、ドバイ国際空港の新ターミナルは無駄にでかくて疲れる。
  • イランからMMRT daily lifeにコメントしたら、ちゃんとイランって認識された。
  • イランでもTwitできる=フィルターが掛かってない。ちなみにYoutubeやWatch Impressの携帯電話のページは相変わらずアウト。
  • イランではGoogle GearsとGoogle Chromeが「あなたの地域ではお使いになれません」と言う理由でダウンロード不可。
  • おかげでGoogleReaderは檄重。未読数1000を超えるとタイムアウトして表示もできなくなった。

金曜日の夜に帰ってきたんですが、スーツケースは宅配にして、鍋パーティーへ直行w。ようやく先ほどスーツケース開けてアンパッキングは完了。

そうそう。帰ってきたらWordPressがver2.7にアップされてるだろうなぁ、とちょっと楽しみにして帰ってきたのに、えっ、WP2.6.5!? … 結構残念だったorz

ちなみに今新しいテーマを作ってます。年内には新しくします。

イランのネット事情

イランのネット事情について少し書いてみようと思います。

ブロードバンド天国の日本からしてみればもう考えられないことでしょうが、世界にはまだまだネットにつながらない、もしくはブロードバンドではない国や地域がたくさんあります。イランもそんな国の一つです。一応ADSLが一般化しており、首都のテヘランや観光都市のエスファハンでは一応ブロードバンドです。ただし、速度は遅いです。ちょっと詳しい速度は覚えてないのですが、確か1Mbpsも出てなかったような気がします。約3MBくらいのZIPファイルをダウンロードするのに10~15分かかりました。もちろんこれは、ダウンロード先や、ホテルの環境にもよるのですが。いや、一度正確に計ってみようと思って、Gooのスピード計測をスタートしてみたんですが、うまくいきませんでした。別の速度計測サイトはフィルタがかかって(後述)アクセスできひんかったし・・・。

しかし、一端これらの都市郊外へ出ると状況が変わってきます。ADSLが開通できない為、ネット接続手段は今となってはちょっと懐かしい?モデムを利用したダイヤルアップ接続に限られます。ちなみに光ファイバーは少なくとも一般家庭向けには提供されていないようでした。また、テヘランには市内に有料の無線LANサービスが一応あるらしいんですが、値段が割高な上、サービスの品質もよくなく、電波もしょっちゅう切れるらしいです。

現地の物価では高級な部類に入る大きなホテルは、大抵ADSLのサービスを行っていました(安宿には泊まらないので比較ができないんですが・・・)。大抵はインターネットカフェがホテルに併設されていますが、各部屋でも接続できます。その主な接続方法がなんと無線LAN!行く前から聞かされてはいたのですが、そこだけ進んでるんかいなっ!と突っ込みたくなるような驚きを感じました。とは言え、やっぱり大本の回線が貧弱な上、ホテルの人も設定方法や使い方(メンテナンスの仕方)をよく知らない事が多く、しょっちゅう切れたり、原因不明のエラーが出たり、はたまた、「繋がらんねんけど」ってフロントに言うと「だれかがコンセントを引っこ抜いてやがった」状態だったり(笑)

これはあくまで推測ですが、もしかしたら無線LANの方が導入しやすいんでしょうね。ネット環境はもちろんすべて後付けです。さらに、イランのほとんどの建物はレンガ造りで、ホテルも例外ではありません。ケーブルを配線していくよりも格段に簡単な上、結局は安上がりなんでしょうね。ちなみに、「全室問題なく無線LANに繋がる」と言われても、部屋によって感度が全然違ってくるホテルばっかり。それも早いのは「シグナル強い」から遅いのは「シグナル弱い(0Mbps)」まで様々。

もちろん、無線LANなんか無いホテルでの部屋からのネットアクセスはモデムです(笑)。それでも、全く繋がらないよりはマシってとこです。

あっ、インターネット接続代は、一見無料でもおそらくその宿泊代金に含まれているパターンと、1時間いくら、の2パターンですね。

なんか画面でもキャプチャすればよかったなぁ。文字ばっか。

人生初出張

1ヶ月ぶりです。しっかし、4月は忙しかった~。前半の2週間は出張の準備。後半は出張。人生初めての出張と、人生初めての海外出張と、人生で初めて訪れる国と地域、が一緒にきてしまったので、準備段階からてんやわんやです。それに、2月に転職して今いる会社は、自分にとっては異分野なので、現地に行って仕事きちんとできるかも不安でした。でも何とか無事に帰ってきて、一安心。予想通り、緊張の糸がゆるんで、疲れがどっと出てきて、昨日は熱をだして、夜は寝込んでました。今日は最高にいい天気だったのに、家でぼ~っと。

生活面では、あまり苦にせずに食事を食べられたのが大きかった。それから仕事面では、今回 は打ち合わせメインで、現場作業(フィールドワーク)が少なかったので、体への負担が少なかったのが幸いした。あっ、この「国と地域」ですが、中東は、イラン・イスラム共和国です。

Continue reading

Paris Sydrome

I have heard of this “problem” which some Japanese visiters experience at Paris. Looks like it is now called “Paris Syndrome”

PARIS (Reuters) – Around a dozen Japanese tourists a year need psychological treatment after visiting Paris as the reality of unfriendly locals and scruffy streets clashes with their expectations, a newspaper reported Sunday.

“A third of patients get better immediately, a third suffer relapses and the rest have psychoses,” Yousef Mahmoudia, a psychologist at the Hotel-Dieu hospital, next to Notre Dame cathedral, told the newspaper Journal du Dimanche.

[from “Paris Syndrome” leaves Japanese tourists in shock | Oddly Enough | Reuters.com]

Basically, there is a huge difference in what you expect from Paris, and the reality of Paris. In Japan, we have a very stereotype image of Paris. As this woman says:

A Japanese woman, Aimi, told the paper:

“For us, Paris is a dream city. All the French are beautiful and elegant … And then, when they arrive, the Japanese find the French character is the complete opposite of their own.”

We often call Paris “hana-no-miyako” (The City of Beauty) or “geijutsu-no-miyako” (The City of Arts). I have been to Paris. True in some ways, but that is only the bright side. Like any metropolitan city, there are dark side, often never talked about.

I suppose we have a similar image to the whole country of France, though it didn’t say anything about that in the article.

発言する文化と日本のネット・カルチャー

数週間前に読んだ記事で、それについてふと思ったことが有った。ただその記事のURIを忘れてしまって思い出せない。デジタルARENAのインターネットの危ない話に出ていたと思ったんだけど、見つからない。うろ覚えで申し訳ないけど、とにかく書いてみる。

その記事は要するに、ブログ、炎上するブログ、匿名か実名か、どのような事をブログで書くべきか、どのような事はブログで書く場合注意すべきか、等々に関連する話題の記事です。そこに、「ブログで何かを書くと言うのは、渋谷の交差点の真ん中で叫ぶようなもの」と書かれていました。だから何も書くべきではない、とは書かれていませんでしたが、何を書くのかは注意した方が良い、もしくは、慎むべきと言ったネガティブな感じでした。

これをよんで思ったのは、ブログやインターネットがらみの危険性を全く認識していない人にとっては分かりやすい説明の仕方だと言うことと、そう言えば日本にはそう言う文化は無いなぁ、です。「そう言う文化」とは、市民が集まる場所で自分が今思っている事を皆(ほかの市民)に対して発言する文化です。

例えば、これもうろ覚えなんだけど、ローマに行った時にローマ帝国の都市には必ずと言っていいほど市民が自然と集まる場所(広場)が有って、そこには発言台(もしくはそれらしき物)が設置してあった、と聞きました。どんな事でも発言する事ができ、民衆もそれに耳を傾けていたらしい。その文化は西洋社会に根付いた。例えばロンドンの公園にはそう言う場所がある。以前NHKアーカイブスで再放送されていたルーマニア革命に関するドキュメンタリー番組では、革命後どこからともなく市民が広場に集まり、自然発生的に車の上に立ってそれぞれ「この国はどうあるべきか」等を思い思いに語っていたのがすごく印象的だった。

ちなみに、欧米で言う「広場」と言うのが日本には無いとも思います。ワールドカップ中継のパブリックビューイングの風景を見ているとよくわかる。ヨーロッパの都市には、それぞれ自然と人が集まる広場らしき場所が有って、そこに馬鹿でかいスクリーンを設置。みんなでビールでも飲みながら観戦しようと言う感じです。ところが日本はスタジアムの中だったり、映画館だったり・・・。文化の違い以外に、セキュリティの問題とかもあるんでしょうけど、やっぱり何かが違う。

一個人の発言に関する文化の違いが、日本特有のネット・カルチャーを生み出している気がします。良い点も悪い点も含めて。

イギリスで結婚式を挙げる日本人

昨日BBCのハプニングについて記事を探していたら、こういうのも発見: Here come the brides … all the way from Tokyo | the Daily Mail (では新郎新婦の入場です・・・はるばる東京からやって来ました)。

要するに、海外挙式とか海外ウェディングです。日本人にとっては憧れの対象となるようですが、やはり向こうの人たちは奇妙な行動と映ります。僕は英国人の友人の結婚式に出席したことがあるのですが、(予算の許す限り)なるべくたくさん親族や知り合い、友達をよんで、皆でわいわい騒ごう!って感じです。友人の場合は午前中に教会で結婚式を挙げ、午後から近くの宿付きパブを占拠(笑)。披露宴を行った後も夜通しパーティ(ディスコ有り)でわいわいと騒いでました。そういう結婚式を行う英国人からしてみれば、わざわざ地球の反対側まできて結婚式を行うのは不思議に思うでしょう。

英国国教会は、「theme parks for tourists to use as photo opportunities and holiday playgrounds」(観光者が使用する、写真撮影と遊び場のテーマ・パークのように使用している)と一部の人たちに非難されています。教会を、キリスト教信者でもない人に大金を払わせて使わさせていると。この企画を主催しているのはワタベウェディングですが、そこと契約しているある教会の方は「ここに来ないと得られない体験を提供しているのだ」と言っています。ただ英国国教会も現在資金難なので、お金の事情が本当の理由のようです。

別に海外で結婚式を挙げるなとは言いません。それぞれ色々な事情もありますし。ただ挙げる人は、宗教的に不快感を覚える地元の人たちもいると言うことを意識しておいた方がよいのでは?

BBCニュースが間違えたガイ・ゴーマさんの続報

日本のメディアでもだいぶ取り上げられたので聞いた方も多いと思う。先日BBCの24時間ニュース専門チャンネル「news 24」が起こした人違いの出来事ですが、英国メディアも色々と追っかけまわしているようです。(ちなみに上の動画は1分42秒。最初から終わりまで見れます。)

間違ってインタビューに答えていた黒人の男性、ガイ・ゴーマ(Guy Goma)さんは当初本来インタビューされるはずのIT専門家、ガイ・キューニー(Guy Kewney)氏を迎えにきたタクシー・ドライバーだと思われていました。しかし、実はIT系の就職面接に来ていたと分かったのは後の事。

と、ここまでは日本のメディアでも報道されていた事です。以下のその続報です。

Continue reading

任天堂Wiiの名称が英国で不評な件

ゲーム好きな方はもう知ってると思うんですけど、先日任天堂が開発中の新しいゲーム機「レボリューション(仮称)」の正式名称を「Wii(ウィー)」とすると発表しました。僕はこれを読んだとき「これはあかんやろ!」って思ったんですけど、やっぱり英国では相当な不評のようです。

「Wii」は英語の「We」をイメージし、「家庭の誰もが楽しめる」というコンセプトを表わすもの。「ii」は、ヌンチャク型のユニークなコントローラ、そして人々が遊ぶために集まる様を表現しているという。

このように任天堂が説明している通り、「Wi」を英語では「We(ウィ)」のように発音できます。人によっては「Why(ワイ)」のように発音するかもしれません。しかし「Wii」はほとんどの人が「Wee(ウィー)」と発音するはずです。ところが、「Wee」は意味のあるれっきとした単語です。それが大問題なのです。

Continue reading