2016年12月のWordBench Tokyoにて、プラグイン情報のLTをしてきました

先月、年末に開催されたWordBench Tokyoの12月の会で、ライトニングトークに登壇しました。ネタはプラグインの紹介で、「2016年にお世話になったプラグインと年末年始に試したいプラグイン」です。

「地味だけど改めてお世話になったプラグイン」は以前から知っている、または使ってるけど、仕事の中で今年改めてお世話になったプグインです。その中から、日本のコミュニティではあまり聞かない地味〜なプラグインを紹介しました。「2017年に向けて試したいプグイン」は、まだローカルで試した程度ですが、比較的信頼のおける情報源からだったので紹介しました。

2016年、地味だけど改めてお世話になったプラグイン(と、その作者たち)

Public Post Preview

Public Post Preview
Public Post Preview

Public Post Previewは、サイトに未登録のユーザーでも投稿のプレビュー確認を可能にしてくれるプラグインです。投稿毎に一時利用のURLを作成することで実現しています。いわゆる「このURLを知ってる人のみアクセスできるリンク共有」です。 Continue reading

WordCamp Kansai 2016 に登壇しました #wck2016

WordCamp Kansaiの1日目に「大学におけるWordPressサイトのインハウス開発」というセッションで登壇しました。

セッション概要とスライドは下記。

大学のウェブサイトをインハウスで開発、運営しており、一部にWordPressを採用しています。これまでの開発経験の中から、主に機能追加の要望に対して「できなくはない」ケースや、「シングルサイトかマルチサイトかの選択」においての意思決定についてお話します。日々の更新業務を遂行しつつ、インハウス開発を行うヒントになればと思います。

「こういう話を共有したい」と自分から応募していながら、技術の話ではなく、正解もない話を、どのようにセッションとして纏めるか難しく、かなり悩みました。伝えたかったことがきちんと伝えられたか…終わっても不安だったりします。

スタッフの方によると、参加してくださった方は14名だったそう。皆さんの環境でも参考になりうる、何かしらのヒントを得た方がいらっしゃったら幸いです。ありがとうございました。

余談

WordCampの登壇は今回が3回目です。過去のスライドはSlideShareにアップしてましたが、今回を機に全てSpeaker Deckにアップし直しました

WordPress 4.6から管理画面はネイティブフォント

WordPress 4.6から管理画面に指定されていたフォントがOpen Sansからネイティブ・フォントに変更されます。下記の記事を参考に、変更内容を調べてみました。

Open Sansからネイティブへ

3.8で管理画面のUIが一新された時からOpen Sansが指定されるようになりました。

body {
    font-family: "Open Sans", sans-serif;
}

しかし、幾つか問題点もあり、その1つがGoogle Fontsからフォントをロードせざるをえないことです。

<link rel="stylesheet" id="open-sans-css" href="https://fonts.googleapis.com/css?family=Open+Sans%3A300italic%2C400italic%2C600italic%2C300%2C400%2C600&amp;subset=latin%2Clatin-ext&amp;ver=5bf5a1af710ddc76d9b7fe8a90fede2c" type="text/css" media="all">

そこで、解決策として4.6からネイティブフォントが採用されることになりました。

body {
    font-family: -apple-system, BlinkMacSystemFont, "Segoe UI", Roboto, Oxygen-Sans, Ubuntu, Cantarell, "Helvetica Neue", sans-serif;
}

ネイティブフォントの採用により:

  • より速いロード時間(特にオフライン時)
  • サードパーティー依存の解消
  • より”ネイティブ感”(ウェブとネイティブアプリの境界がなくなってきている)

が期待されます。

日本語の環境で確認してみました

Mac OS (El Capitan) で、 左から下記の組み合わせです。

  • 4.5.3 / Chrome
  • 4.6 beta 2 / Chrome
  • 4.6 beta 2 / Safari
Wordpress 4.5.xと4.6 beta 2のダッシュボード比較

ダッシュボード

Wordpress 4.5.xと4.6 beta 2の投稿一覧比較

投稿一覧

どうでしょうか?El CapitanなのでSan Franciscoになっていると思います。日本語では違いをあまり感じないですね。むしろ英語の方がウェイトが若干違うような。Matt Miklicさんの記事で、彼がOpen Sans とシステムフォントの表示比較のページを作っているので、それも参考に。

一番気になるのはWindowsの方ですね。Segoe UIらしいですが、どうなんでしょう…キャプチャとれなかったので、とれる方はぜひシェアしてください。

Jetpack等のプラグインのWP-CLIコマンドと、WP-CLI開発に関するWordCamp動画

この記事はWP-CLI Advent Calendar 2014 – Adventarの23日目の記事です。1日遅れてしまい、スミマセン…

1つの記事にするほどでもないので(汗)、今回は2つを1つにしました。

  • プラグインに含まれているコミュニティ・コマンド
  • A Journey To The Center Of WP-CLI

プラグインに含まれているコミュニティ・コマンド

WP-CLIのコミュニティ・コマンドを追加するには、コミュニティ・パッケージをインストールして追加する方法と、プラグインを有効化することによって追加する方法の2通りがあって、両方ともすでに今回のAdvent Calendarで取り上げられています。

既存のプラグインの場合、すでにWP-CLIコマンドに対応しているプラグインがあり、WP-CLIのGitHubページで確認できます。

List of community commands · wp-cli/wp-cli Wiki

Advanced Custom FieldsやBackWPup、Jetpack、WP Super Cache、W3 Total Cacheなど、すでに対応しているポピュラーなプラグインが幾つかあります。WP Migrate DB Pro のように、有料版でのみ対応している場合もあります。

JetpackのWP-CLI

その中から、JetpackのWP-CLIコマンドを見てみました。wp jetpack helpで確認すると下記コマンドがあることが分かります。

  • wp jetpack disconnect [blog|[user <user_id>]]

  • wp jetpack module [list|activate|deactivate|toggle [<module_name>]]

  • wp jetpack status

statusはこんな感じ。

$ wp jetpack status
Success: 現在 Jetpack は WordPress.com アカウントに連携済みです
Jetpack バージョンは 3.3 です
WordPress.com blog_id は 1076823 です

残念ながら、サブ・サブコマンド([~]の中)がバグで使えなくなっています。周知のバグでfixする予定ではあるみたい。

$ wp jetpack module list
<span style="line-height: 1.6471;">Warning: The `wp jetpack module` command has an invalid synopsis part: [list|activate|deactivate|toggle
</span><span style="line-height: 1.6471;">Warning: The `wp jetpack module` command has an invalid synopsis part: [&lt;module_name&gt;]]
</span><span style="line-height: 1.6471;">Error: Too many positional arguments: list

A Journey To The Center Of WP-CLI

WordCamp.tvに、現在リポジトリをメインテインしているDaniel BachhuberさんのWCNY2014の時のセッション動画を見つけたので紹介。

Daniel Bachhuber: A Journey To The Center Of WP-CLI | WordPress.tv

内容は、DanielさんがWP-CLIを使い、プルリクを送るようになったきっかけから、ユニットテストなどを用いたWP-CLIそのものの開発について語っています。