Pentax K-3、ひとまず実戦投入してみた

リコーイメージングの『Kマウント 最上位機種 一眼レフ「PENTAX K-3」発売前タッチ&トライ ブロガーミーティング』に参加し、モニターとしてお借りしているPENTAX K-3のレポートです。

イベントの翌日から山形へ旅行へ行ったのですが、お借りしたK-3を早速実戦投入。300枚くらい撮ってきました。出発する前に機能の再確認、設定項目の再確認と設定作業をする暇がなかったので、バタバタと出発し、旅行を楽しみながら機能をいじりました。

下記に載せた写真とFlickrにアップした写真は全てJPEG撮って出しです。あえてそうしてます。それから、持って行ったレンズは18-135mm、DA Limitedの23mm、35mm、70mm、そしてFA50mmです。

K3AM0080

その場での確認では高感度対応はK-5と同じくらいかなぁ、という印象。
Read More

Pentax K-3発売前タッチ&トライブロガーミーティングへ行ってきた

「Pentax K-3発売前タッチ&トライブロガーミーティング」という、リコーイメージングのイベントに参加してきました。10月の体感&トークライブには行けなかったのでK-3を見る・触るのは今日(11月1日)が初めてでした。イベントの内容はリコーイメージングさんからのプレゼンとタッチ&トライ。当初は1時間ずつの予定だったそうですが、プレゼンが押しに押して「衝撃の30分押し」w

IMG_0018

  • やはり一番気になるK-3の改良点はAF性能。特に暗闇と動体。タッチ&トライでも聞いてみたけど、相当良くなっているよう。関連する設定項目が増えており、ベストな設定は探す必要があるかと思う。
  • リコーのGX、GXRから取り入れた機能がいくつかあったこと。マルチパターンオートAWB、インターバル合成、など。
  • 一眼レフカメラは他の工業製品と違って使用中に操作部が全く見えない。全く見えなくても使用できるようにデザインしなければダメ。もちろん見た目も大事。
  • K-3のデザインはK-7から細かなところで沢山変更点がある。しかし一見変わったように見えない。これが大事。
  • シャッターが軽く

イベントとしては、K-7とK-5のデザインを担当したデザイナーの浜村さんの話が聞けてとても良かったと思いました。あまり無いですよねぇ?デザイナーさんの話を聞けるのは。

IMG_0019

K-3本体とレンズキットをモニターとしてお借りできたので、実際にフィールドで撮った写真を後日アップしていきます。

以降、下記は当日メモしたプレゼンの内容と写真です。ほぼ取っ手だし&写真多めなので読みづらい、読んでも分からないかもしれませんが、記録用に載せておきます。

Read More

iPhone 5cを買いました

K3AM0322px

Xperiaを手に入れて以来、3年7ヶ月間Androidのスマホを使ってきましたが10月27日にiPhone 5cへ機種変しました。キャリアも10年7ヶ月使ってきたドコモからソフトバンクへMNPでお引っ越し。

「ちょっと違うOSで遊んでみたいなぁ。iOSも7になって使いやすそうになったみたいだし。」って感じでiOSへ乗り換えました。とは言え、タイミング的には5cの「一括0円+キャッシュバック」が始まったのが決めてではあります。MNPで5c16GBの本体が0円。MNP申請手数料+新規契約手数料+ひとりでも割50の解約金はキャッシュバックの15,000円で相殺できる。

ちなみに今回は秋葉原にあるドスパラモバイル館で購入しましたが、待ち時間が小さく、キャンペーン金額条件も宣伝通りでキャッチはなく、説明も分かりやすく良かったです。

Androidに不満があるとか、使いづらいとか、そういうのではないのですが、マンネリ感でしょうか。

Blue

色はブルーをチョイス。事前にApple Storeで確認したところ一番発色が気に入ったので。黒カバーを付けるとタイガースカラーになれるイエローとも最後は迷ったんですが、やっぱりブルー。

こんにちは、Mac。

人生で初めてMacを買いました。Macbook Air 13 inch の一番安いやつ(4GB、125GB)。

 

目的は2つ。1つは約2年半活躍してくれたAcerのAS1410をリプレースすること。ネットブック(正確にはCULVノート)なので、たとえ外出時のサブノートと割り切っていてもさすがに2年を超えるとスペックの差を体感するようになってきた。

2つ目はMac環境でのWeb Devを体感してみたかったので。Adobe系ソフトは引き続きWindowsのデスクトップ(自作)を使い続けますが、コーディングなんかは少しづつMacでやってみようかと。2年半前とは違い、今はウェブを生業としているので、仕事への投資にもなります。仕事場で直接使うことにはならないですけどね。某氏によるとMacは情報収集にも良いらしいですし。

 

ちなみに、AS1410のスクリーンは11.6型ワイドで、解像度は1,366×768ドット。MacBook Air 11 inchのスクリーンも同じ11.6型ワイドで、解像度も同じ1,366×768ドット。けれど店頭で見ているとMacBook Airのスクリーンの方が大きく感じるんですよねぇ。不思議。11 inch と 13 inch でさんざん迷ったけど結局13 inch をチョイス。こちらの記事なんかも参考にしました。

こんにちは、Mac。

そんな僕の5月1日でした。