続・さくらインターネットとSharkSpaceとDreamHostの速度を比較してみた(WP Super Cache編)

さて、昨日さくらインターネットとSharkSpaceとDreamHostの3つのレンタルサーバにホスティングしたWordPressのページロード時間を比較してみたのですが、今日はその続きとして、WP Super Cacheの効果を比較してみたいと思います。

WP Super ChacheはAutomatticの社員の一人でもあり、WordPressの主要開発者の一人でもあるDonnchaが開発したプラグインです。アクセスされたページのキャッシュ(htmlファイル)を作成し、ページのロード時間を短くすると共に、サーバへの負担を軽くする事を目的としたプラグインです。おそらく国内外問わず、アクセス数が大きいWordPressブログは必ずと言ってインストールされているんじゃないでしょうか。

そんな凄いプラグインですが、実は僕はまだ試して見たことがありません。DreamHostが、一定のアクセス数を記録するようになったら「WP Super Cacheを入れてくれ~!」と言ってくるそうなので、せっかくの良い機会だから、さくらインターネットとSharkSpaceと共に、先日の結果と比較してみようと言うわけです。

比較方法

  1. 各サーバにて構築してあるwaviaeiブログにWP Super Cacheのプラグインをインストールしてオン。
  2. 昨日の比較テストでも用いた/category/photographyと/category/diaryの2ページを数回アクセス。
  3. ページのソース及び管理画面の「キャッシュされたファイルのリスト」にて、各ページのキャッシュが作成された事を確認。
  4. 昨日の比較テストと同じ計測方法で合計ページロード時間を計測する。

結果

まずは結果の表です。

091130_servertestwcache-table

リクエスト数と合計ページサイズは、昨日と比較してほぼ同じですが、微妙に違います。今回に比較用には許容範囲の誤差とします。

さて、合計ページロード時間の平均の比較ですが、SharkSpaceはphotography、diary共にほとんど変わらないのに対し、DreamHostは約1.4から1.9秒弱、さくらインターネットは約0.6から0.8秒早くなっています。特にDreamHostは、少なくとも今回のテスト中では確実に時間が短縮されています。DreamHostは「インストールしてくれ!」と言ってくるだけあって、WP Super Cache用のチューニングか何かをしているのでしょうか?

逆にほとんど短くなっていないどころか、/phographyではさらに時間が掛かってしまったSharkSpaceですが、他の2つとは違い、そもそも動作が速いApache moduleモードでPHPを動かしている為、それほど効果は無いといったところでしょうか。しかし、僕のブログはアクセス数がとても少ないので、WP Super Cacheの本領を発揮できていないとも推測します。キャッシュを作成する目的の1つとして、プラグインのサイトでも書かれているのですが、サーバの負担を軽減して過剰なアクセス負荷、特にDiggの上位なんかにリストアップされた時など、によるサーバーダウンを未然に防ぐ効果があるとしています。ちょっと僕のところでは検証できないんですがw

DreamHostにWP Super Cacheを導入すると、少しはSharkSpaceのWP Super Cache導入前のロード時間に近づくのですが、やはり1歩及ばずと言ったところ。

今回もグラフを作ってみました。

091130_servertestwcache-graph

まとめ

  • やはりWP Super Cacheを導入する効果は、小さくてもあるようである。
  • 特にPHPがCGIモードとして動いてるサーバにおいて効果がある。
  • サーバによっては、WP Super Cacheを意識したチューニングを施している、もしくは単純にスペックの違いでその効果が違う可能性がある。

ただし

  • 今回の比較はアクセス数が小粒程にちいさなWordPressブログなので、WP Super Cacheの性能とサーバ自体の性能も含めた、真の実力が問われるであろうアクセス数が高いブログサイトの結果ではない。
  • あくまでブラウザの合計ページロード時間で、厳密な意味でのサーバへの負担の値ではない。時間の短縮とサーバへの負担軽減度は、単純な比例的な関係にあるとは思わないので、そこらへんの結果が逆に知りたい。

使い勝手はともかく、やはりWordPressブログのロード時間を短くするには、PHPがApache moduleモードで動いているサーバの方が良いということでしょうかねぇ。SharkSpaceがそれにあたりますが、それ以外だと、Host GatorにBlueHost、、、う~ん。