マガジン・スタイルのWordPressテーマ「Arthemia」

今回使用する事にしたテーマArthemiaの主な特徴は以下の4つ。

今流行のマガジン・スタイル。
トップページに表示しているイメージ画像は、表示サイズより大きくても自動縮小。
グリッド・レイアウトに基づき整理・表示された情報。
主なカテゴリを5つピックアップして目立つように表示できる「Browse Categories」。

画像の自動縮小は、テーマに同梱されているTimThumb PHP Scriptで実現しています。また、作成された画像は指定してあるフォルダにキャッシュされるので、一度表示すれば2回目からは早く、負担も軽くなっているはずです。

もちろん幾つかカスタマイズして変更している点はあります。まずトップページに並んでいる記事は時系列表示(=最新の記事5つ)に変更。4つの記事にもイメージ画像を表示するように変更。画像のサイズによってexcerptを表示するかどうかの条件式も足しています。カテゴリや月別アーカイブのページにもイメージ画像を表示するように変更。また、記事を投稿するときにイメージ画像をアップできなかった時(例:出張時や携帯電話からの投稿など)を考え、イメージ画像が無いとき用の処理も記述。

フッターの真ん中に表示しているコメント数の多い記事5つはそのままに、左にはGoogleReaderのShare、そして右にはメディアマーカーに最近登録した5つのアイテムを表示。

しばらくはこのテーマで行ってみようかと思います。最近、いやここ数ヶ月、ブログの中の情報(=記事など)をどのように整理し、どうやって見せるのかにムクムクと興味がわいてきています。なのでアクセス解析(GoogleAnalytics使用)を用いて訪れるかたがどう反応しているのかもチェックできたらと思っています。

「マガジン・スタイルのWordPressテーマ「Arthemia」」への5件のフィードバック

  1. このテーマ入れてみたんですが画像表示されない。
    記事のどこに画像いれればいいのですか?

  2. kenさん、こんばんは。

    [quote comment=”3529″]このテーマ入れてみたんですが画像表示されない。
    記事のどこに画像いれればいいのですか?[/quote]

    画像と言うのは、トップページやアーカイブなどのページで表示される四角いイメージ画像の事でしょうか?

    このイメージ画像は、カスタムフィールドを使用して、それぞれの記事で使用するイメージ画像のURLを指定しなければいけません。カスタムフィールドのキー名は「Image」で、urlはwp-contentから以下を指定する必要があります。
    (例:wp-content/uploads/2008/1.jpg)

    きちんと指定さえしていれば、イメージ画像用としてアップロードした画像ファイルでも、記事中に使った画像ファイルでもかまいません。画像サイズは自動的にリサイズされます。

  3. 書き忘れました。この↓記事の「uploading a image」以降のスクリーンショットが参考になると思います。

コメントは停止中です。