1年間使ってきたK-7と、タッチアンドトライしてきたK-5の感想

K-7を買ったのが2009年の10月31日。半年経ったころにレビューを幾つか買いますよー、と書いておきながら日が経ち、気がつけば後継機種K-5の足音が聞こえてきました。足音どころか、発売予定が10月末から今週の金曜日、15日、に繰り上げになってしまいましたよ。と言うかもう今日ですねフライングで手に入れた方もいるようで。そんなに無理に急がなくてもいいのに、ペンタックス。発売日すぎちゃった・・・。

さて、先日K-5を触ってきました。その感想を、書きそびれているK-7の感想とまとめて書くことにしました。もう製品版が出回っているので、あまり参考にはならないかもしれませんが、自分の考えをまとめる為にも書いてみます。(注意:長文です。。。)

続きを読む 1年間使ってきたK-7と、タッチアンドトライしてきたK-5の感想

K-5体感トーク&ライブへ行って来た

10月2日に秋葉原UDXにて行われた、ペンタックスの新しい一眼レフ「K-5」の体感トーク&トークライブへ行って来た。実際にK-5に触ってきた他、トークライブも聞いてきました。ちなみに、去年のK-7の同様イベントもここ秋葉原UDXでしたね。

なお、K-5の感想は別記事にすることにしましたのでしばしお待ちを。K-7レビューを書くと書いておきながら、書いてなかったので、1年使ったK-7の感想と共に記事にしようかと。K-5の改善点はK-7の不満点ですからね。

この記事では会場の様子なんかを簡単に。

お昼ごろに会場に着いたら、が~らがら。待たずにK-5にお触り。ペンタックス社の方に幾つか質問をぶつけつつ、10分ぐらいパシャパシャ。

K-5 - タッチ&トライコーナー
タッチ&トライコーナー

次に高感度コーナーへ。専用のコーナーを設けるということは、高感度対応と暗闇でのAF性能を今回最もアピールしたいということなんでしょうね。

高感度撮影体験コーナー
高感度撮影体験コーナー

最後はトークライブコーナーで田中さんのお話を聞いてきました。毎度のごとく時間たりなさすぎw 田中さんの感想や裏話はともかく、メカの解説―一眼レフの光の通りとかAFユニットの仕組みとか―がとても分かりやすかった。初心者向けの撮影本もいいけど、そういうメカ本も執筆したもらえないかなぁ。

実機を触り、AFの性能が間違いなく上がっているを確認したので、もっと早く起きて1本目のMTBのトークライブを聴けばよかったと反省。イベント会場と実際のフィールドではまた違いますからね。

田中さんのトークライブの映像が早や、と言うか予想通り、YouTubeに投稿されてますね。とは言え、実機を触るのと、動画を見るのとでは大違いなので、他会場に行かれる予定の方は予定通り行かれるのがよいと思いますよー。

会場にはK-rも展示されてました。先日ペンタックス・フォーラムに立ち寄った時、赤のK-rが無かったのですが、ここにありました。K-xの赤はとてもくすんだような、つや消しされた赤・ピンクとでも言おう赤。でもK-rはつやつやの赤!K-xに比べて全体的に塗装がきれいな印象を持ちました。ほら、青赤一眼とか。。。

K-r
K-r

最後にこれ。K-5のイベントですが、一番驚愕したのが645Dで撮影された写真の引き伸ばしたパネルです。645Dのイベントで見たときも驚愕しましたが、何回見ても驚きを隠せませんね。

2010年の桜

今年は満開なんだか、満開一歩手前なのか、よくわからん日々が続きましたねぇ~。綺麗に咲いているつぼみのの横で、同じ木の枝なのに、まだ開き始めたばかりのつぼみがあったり。それが1週間くらいつづき、ここ2~3日で散ってきた。

天気も一番よく咲いていた時期のほとんどが曇りか、雨。その時期の前と、後(つまり昨日と今日)が一番天気がよかった。写真撮りとしてはちょっと残念。

2010も桜の写真を撮りに行ったのですが、そんな天気もあってか、こんなどんよりした写真が多かった。

Sakura of Year 2010 / 2010年の桜

でも、構図とタイミングを考えて、生活感ある春らしい1枚を撮れたり・・・

Framed with sakura / 桜の額縁

・・・K-7の「ほのか」モードでわざと寂し~い雰囲気の写真を撮ることができた。

Sakura at Meguro river, Tokyo

4月3日に目黒川へフォトウォークに行ったときは、始め晴れてたんですけどね。でも天気がよくて、日差しが強い午後一は、桜の花びらの色の微妙なピンクを残すのが難しくなるどころか、白飛び連発で難しい(笑)

Sakura at Meguro river

おまけにこの日は夜(5時~6時ごろだったかな)なると雨が降り始めて、濡れるわ、寒いわ。でも僕は、桜の写真だけ、を撮りにいっているのではない。そこに集まってくる人だったり、桜は写って無くても春をかんじさせる一枚だったり。だから、晴天でなかろうが、雨が降ろうが、良い写真をとれるかはその人次第ですね。

今年の桜の写真、Flickrにアップしてますが、まだあります。現像が追いつき次第アップします。が、そもそも実は3月に撮った写真の現像が追いついてなかったりする(汗)

WordCamp Fukuoka2010の写真をFlickrにアップしました

WordCamp Fukuoka2010の写真をようやく現像し終えて、アップしました。

今回は意外と枚数が少なくて、そこからマシなのを絞ると、更に枚数が少なくなってしまい、最終的に37枚をFlickrにアップ。メインの大会は、望遠を持って行かなかった上に、予想通り暗かったので、聞く方に集中。懇親会も話していた(飲んでいた?)時間が長くて、2次会はプレゼンをさせてもらってたのと、酔っぱらってたので、2枚しか撮っていませんでした。

そんなこんなで、〆に行ったラーメン屋でやたら多く撮っています(笑)。

以下にスライドショーを貼り付けておきますが、じっくり見たい方はFlickrのセット「WordCamp Fukuoka 2010 – a set on Flickr」まで。

あと、WordCamp外で撮影した福岡の写真は、Flickrのセット「Fukuoka, Japan – a set on Flickr」にアップしてありますので、よかったら見てください。熊本の写真もアップし始めましたが、こちらはまだ現像が追いついていません~。

2010年1月1日の部分月食

あけましておめでとうございます。

今年1つ目の投稿は、先ほど撮ったばかりの部分月食です。なんでも今年は3回月食が見られるらしく、その1つ目がなんと元旦。ピークが4時22分ということで、それに合わせて写真を撮りに行ってきました。

月は以前に何回か撮っているので要領は分かっています。手持ち+マニュアル+シグマの18-200mmでOK。

Partial eclipse of New Year's Day 2010 #1

4時23分の数秒前に撮った1枚です。月の左下部分が月食しているのが分かります。ただ、大阪は曇りだったうえに、風が強く、雲が流れるのがとても早かったです。そのため、本当にすべて部分月食なのか、雲に隠れてもいるのかが微妙なところ。例えば次の1枚。写真としては、こちらのほうが露出がぴったりなのですが、撮影時間が4時21分なのです。ピークにより近い上↑の写真よりも先に撮影されたのに、月食が大きいのはおかしい。これはたぶん部分月食+雲なんだと思います。

続きを読む 2010年1月1日の部分月食