1日遅れの月見

3日の夜は池袋辺りをカメラもってウロウロと歩いていたのですが、35mmのレンズしか持ち合わせてなく、どうせ三脚無しだと手ぶれするだろうと思っていました。が、週末ブーム(?)のようにTwitterやFlickrにつぶやかれたり、アップされたりする写真を眺めていると、やっぱり自分も撮りたくなってきました。おでさんの写真を見て、白飛びしている=結構明るいんじゃないかいな?と気づいたのも理由の1つです。

で、ベランダから撮影したのがこれ。

IMGP3637

値はおでさんのこの写真を参考にして、f5.6 1/160からスタートして、マニュアルモードで色々試しました。ちなみにこの写真はf8 1/125。手持ち撮影。WBはオート。ISO100。レンズはシグマの18-200mmを名一杯望遠側(200m、35mm換算300mm)に。RAW+JPEGで撮影しましたが、アップしたのは撮って出しのJPEGファイルです。

Flickrの方には、もうすこしトリミングしたやつと、思いっきりトリミング(↓)した2つをアップしました。

Full Moon (満月) - Cropped

正直ちょっとねむい絵になってしまったかと思う。とは言え、エントリー機+安レンズ+手持ち、を考えるとまぁまぁかな。あっ、これオートじゃなくてマニュアルフォーカスで撮りました。

ちなみにマクドの月見バーガーはイマイチ好きじゃありません。(関係ない)

「1日遅れの月見」への2件のフィードバック

  1. プロの写真の値を見てたら、ISO 100とかで撮ってるもんだから、3日の夜はまさか手撮りできるなんて思ってなかったのよね~(笑)

    眠いと感じるなら被写界深度あげるためにも、やっぱ三脚立ててしぼらないとダメなのかも。

  2. そうですね。やっぱり風景を絞って撮影するのは三脚必要ですね。買わなきゃ・・・

    ただこの写真に関しては、望遠側がF6.3の暗くて安いレンズであることと、シャープネスをほとんど上げてないのも理由かと思います。他には、K-mのJPEGがもともとそういう絵作りとか。ちょっと可能性がある要因が幾つかあってどれが原因かはわかんないですー。

コメントは停止中です。