さくらのレンタルサーバからConoHaのWordPressテンプレートへ引っ越してみた

このブログをさくらのレンタルサーバからConoHaへ引っ越ししてみました。

ConoHaはGMOのVPSサービスですが、WordPressサイトの構築・運営視点でみると最近提供が開始されたWordPressをすぐ使えるテンプレートが魅力的。このテンプレートを使うと、VPSでありながらAWSのAMIのように比較的簡単にWordPress環境を構築できる。加えて、テンプレートをチューニングしたのはデジタルキューブさんということで、これは快適そうです。

支払いもAWSと違い固定の月払い。初期費用もなく、3000円分のクーポン券も先日もらった。物は試しにと、ひとまずwaviaei.comをConoHaに引っ越ししてみました。

引っ越し手順の覚え書き

WordPressサイトのサーバ間の引っ越しにはやり方が幾つかありますが、個人的にはWordPressのエクスポート・インポート機能を使い、投稿以外の設定はまっさらにすることが多いです。今回もそうしました。

それから、ConoHaのWordPressテンプレートにはWP-CLIがインストール済みです。活用ましょう。

  1. まずはConoHaでWordPressサイトを作る。その際、テンプレートに「Nginx+WordPress CentOS」を選択。
  2. さくらの方のサイトから、WordPressのエクスポート機能を使ってXMLファイルをダウンロード。
  3. このXMLファイルをConoHaのWordPressサイトにインポートする。scpでサーバにアップロード後、wp import --authors=mapping.csvでインポート。
    • インポート完了後はアップロードしたエクスポートファイルと、作成されたmapping.csvは削除しておく。
  4. ConoHaのサイトに記事やメディアファイルが問題なくインポートされていることを確認。他にもサイト全体の設定やプラグイン、テーマのインストール・有効化・設定なども済ませる。
  5. ConoHaのサイトに問題が無いことを確認できたら、ドメインの設定を変更する。
  6. ConoHaに立ち上げたWordpressのサイトはアドレスがIPアドレスになっているので、独自ドメインに設定変更する。
    • ConoHaのサイトの「WordPress のアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL) 」をhttp://waviaei.com へ変更。
    • 管理画面、もしくはwp optionを使う。
    • wp search-replaceを使って記事内にハードコードされた値も一括置換。シリアライズされた値も問題なく置換してくれる。
    • wp search-replace 'http://IPアドレス' 'http://waviaei.com' --skip-columns=guid --dry-runで一度確認後、--dry-runを外して実行。
    • もしかしたら、いや、たぶん、「WordPress のアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL) 」もwp search-replaceで置換してくれるはず。
  7. DNSが反映されるのをしばし待つ。
  8. 反映されたら、もう一度一通り確認。一般的なことですが、特に:
    • 表示設定の「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックが入っていたら外す。
    • Googleアナリティクス、Googleウェブマスターツール、WordPress.comのサイト統計、などのウェブサービスの連携設定。
    • セキュリティ。
    • 不要なファイルの削除、define('DISALLOW_FILE_EDIT', true);、パーミッションなど。
    • Hardening WordPress « WordPress Codex
  9. 最後にNginx Cache Controllerプラグインの設定をして、キャッシュを削除。

TerminalからSSHでサーバに接続する

公式サイトのドキュメントにはなく、Windowsでの設定方法では分かづらく、ググればググるほど訳が分からなくなりましたが、下記で接続できるはずです。xxx.keyはConoHaの管理画面からダウンロードできます。

ssh -i ~/.ssh/xxx.key root@IPアドレス

VPSを追加した時に送られてくるメールが一番簡潔に書かれていました。