犬山へ小旅行(その4:最終)

犬山小旅行のレポートの最後です。犬山から名古屋へ名鉄で移動したあと、事前に調べておいたひつまぶしのお店へ。東京を出発する前にいろいろとネットで調べたんですが、名古屋の中心って名古屋駅周辺じゃないんですね。評判のひつまぶし屋も名古屋駅からちょっと距離があります。その中で唯一歩いて行ける距離(5分くらい)の柔らかひつまぶし 割烹 うな善へ行きました。

ひつまぶしは本来うなぎを関西風に焼き上げただそうですが、ここは関東風に焼き上げるのだとか。食したのは柔らかひつまぶし(上)。2300円なり。ひつまぶしを食べるのは初めてだったんですが、いろんな食べ方ができて面白いですね。僕はだし茶漬けにするのが一番気に入りました。犬山を半日なにも食べずに散策していたので、腹ぺこにはもうちょっと量がほしいなぁと思いましたが、やっぱりうなぎはお腹にもたれやすいですね、腹八分がちょうどいいみたいでした。

うな善の柔らかひつまぶし(上)
うな善の柔らかひつまぶし(上)

それにしても、名古屋の方はそんなにしょっちゅうひつまぶしを食べに行くのかなぁ。店内には会社帰りの人やOLさん、若い女の子達に学生っぽい人たちもいました。

ひつまぶしを満喫したあとは名古屋駅へ。駅前の空を見上げると夕焼けが綺麗。夕焼けモードにしてちょっとオレンジ色を強調してますが。

名古屋の夕焼け
名古屋の夕焼け

名古屋から大阪へは新幹線ではなく、近鉄電車の特急で難波へ。新幹線よりも1時間ほど時間がかかりますが、2000円ちょっと安く、めっちゃ空いてます。ただ僕はてっきりアーバンライナーだと思ってたんですが、なぜか違ってました。なんでだろう。

近鉄特急難波行き
近鉄特急難波行き

番外編

犬山で見つけた面白かった物3つです。

小便したら3万円
小便したら3万円
ドアラのパン
ドアラのパン
秋葉原名物おでん缶がなぜか犬山に
秋葉原名物おでん缶がなぜか犬山に