Windows 7 環境においてScout導入時のエラーの対処法

Windows 7 環境にてSassを使えるようにしたくて、Scoutをインストールしてみました。インストールは問題なくできたものの、いざ使おうとするとつまづいたのでメモ。なお、SassやScoutについての詳細は下記の2つを参照。僕もこちらを参照しつつ導入してみました。

Scoutのプロジェクトの設定が終わった後、プロジェクト名の横にある三角(▲)ボタンを押すと、指定したフォルダをwatchしてくれますが、僕の環境では以下のようなエラーがでました。

[error][app:/views/production.html#][22:07:26]:

ググって下記を発見。

Scoutの公式サイトのどこにも書かれていませんが、どうやらJavaが必須のようです。もうすでにJavaがインストールされている環境であれば、上記エラーは表示されないはず。

ちなみにScoutはAdobe Airアプリなので、Adobe Airのインストールも必要です。これも公式サイトには書かれていませんが、インストールされていない場合はインストーラーが自動認識してインストールを促してくるはず。

それから、32bit版のWindows 7ではJavaはインストールするのみでOKですが、64bit版はさらにもう一手間必要みたいです。Issue #19に寄せられている下記2つのコメントによると:

I fixed the problem on Win7 x64 by editing [ScoutInstallDir]javascriptsappprocess_interaction.js and changing line 95 to contain a correct path to java.exe (I already had a JRE installed even though it is nowhere in the requirements, but it was a 32bit version for which the default path provided by Scout is incorrect on a 64bit OS).

I think the issue would be fixed just by offering two downloads, one 32bit with nothing changed and the other a 64bit with the Java path set to “C:Program Files (x86)Javajre6binjava.exe”

Scout がインストールされているディレクトリのjavascriptsappprocess_interaction.js ファイルの95行目を編集する必要がある。ここに書かれているjava.exeへのパスは32bitの場合なので、これを64bitのディレクトリ構造に合わせて書き換えればOKなはず。

3 Replies to “Windows 7 環境においてScout導入時のエラーの対処法”

  1. Win7 64bitにSCOUTをインストールしたらエラーが出たので、ググってみたらこちらにたどり着きました。助かりました!

    しかし、これだけ面倒だとコマンドプロンプトのほうが逆に楽に思ってしまいます。。。

    1. しかし、これだけ面倒だとコマンドプロンプトのほうが逆に楽に思ってしまいます。。。

      そうですね。他にも、Scoutよりも使いやすいWindows用の新しいツールも探せばあるかもしれませんね。

  2. ちなみに、Win7 64bitでもprocess_interaction.jsファイルが修正されていたのでJavaをインストールするだけで問題は解決しました。

Comments are closed.