川越に行ってきた(その1)

9月1つ目の3連休の月曜日(17日)に、埼玉県の川越市へ日帰りで行ってきました。川越は「小江戸」とも呼ばれています。戦火を免れたこともあり、蔵作りの家々や、明治・大正時代の建物、日本の音風景100選に選ばれた鐘楼「時の鐘」、など、どこか懐かしさを感じる古い日本が残っているところです。僕の住んでいるところからは、JR、もしくは東武東上線で1時間もかかりません。日帰りにぴったり。あと、城好きな自分としては、川越城も見たく、東京に来たときから「いつか必ず行ってみよう!」と思っていた場所でもあります。

さて、JRでも東武東上線、どちらでもよかったのですが、東上線の方が安く、早く、本数も若干多かったです。志木乗換えで約40分、川越市駅で下車。川越には川越駅と川越市駅があるのですが、歩く予定だったので、距離的目的地へ近そうな川越市駅。駅をでると「なんか田舎やなぁ~」と言うのが第一印象。

喜田院ゾーン

最初の目的地は喜田院とその周辺。喜田院は、徳川家康との結びつきが強い、天海僧正が住職だった寺院です。

喜田院

続きを読む 川越に行ってきた(その1)