美味しいローストビーフが比較的簡単に作れた!

今年のクリスマスに初めてローストビーフを作ってみた。

20131228-164734.jpg

比較的簡単に作れて、味もなかなかだった。

本来はオーブンで焼くんだけど、今回はフライパンで。

20131228-164637.jpg

粗熱を冷まして、切る直前はこんな感じ。

20131228-164649.jpg

表面は焦げかけていたので焼きすぎたかと思ったけど、全然そんなことなくて、切ってみると結構レア!

20131228-164705.jpg

ベビーリーフとオニオンスライスも一緒に盛り付け。肉を焼いた後のフライパンで作ったソースも。

20131228-164745.jpg

クリスマスの日は半分だけ切り、残り半分はボクシング・デーに。一晩と半日、アルミホイルに包んで寝かせておくとこんな感じに。

20131228-164836.jpg

切ると中はピンク色。スーパーや総菜屋さんでよく目にする、スライスされたローストビーフにそっくりです。

20131228-164849.jpg

前日のソースはどちらかというと洋風。醤油とみりんを使ったけど。なので二日目は和風に。肉の下には酢醤油をかけた葱と茗荷のスライス。

20131228-164900.jpg

それを底からよく混ぜる!

20131228-164916.jpg

白いご飯にもピッタリ!美味しい!

20131228-164930.jpg

つくり方

「ローストビーフ フライパン」でググると色々ヒットします。今回はテレビ朝日ウチゴハンのレシピを見ながら作りました。酢醤油で食べるレシピもバリエーションもしてこちらに書いてありました。

肉は400gくらい、約800円のオージービーフを購入。これぐらいの大きさ&値段だと初めてでも気軽に挑戦できる。

ちなみに、こちらによると赤身が多い方がローストビーフに適してるんだとか。同じ大きさで黒毛和牛、4500円、なんてのもスーパーで売ってたけど、そもそも予算オーバーて買えるわけもなく…

難しかったのは肉のレアさ加減のコントロール。レシピによると、焼く前に肉をきちんと常温に戻すのが重要だと。今回は1時間常温においたけど、もっと時間が必要なのかも。また、粗熱を冷ますと肉汁や血が中に閉じこまれるはずが、切ると血と肉汁がダラダラ、ダラダラ。

また挑戦してみよう。