ちょっと頭の片隅においておくといいかもしれないWordPress関連の2つの論争

日本では殆ど話題にも上らなかったのですが、今年(2010年)初夏のころ、海の向こうではWordPressに関して2つの大きな論争が持ち上がってました。1つはWordPressが採用しているライセンス「GPL」とその商用利用に関する論争。もう1つは3.0から新たに加えられた“機能”に関する論争です。1つ目の論争は、一応、解決しています。2つ目は、3.1にて何かしらの対応がされると思いますが、本質的には解決していません。

技術的な話題ではないのでスルーされがちですが、WordPressの本質に関わることなので、日本の開発者やユーザーの皆さんも「こういうことが起こっている」程度でもいいので、知っておき、頭の片隅にでも置いていた方がいいのでは?と思い記事にしてみました。

2つの大きな論争とは:

  1. WordPressが採用しているGPLライセンスに関する論争
  2. WordPress3.0に埋め込まれた”P”に関するコード

です。

なお、僕もこの2つの論争をはじめから全てフォローできているわけではありません。静まったと思ったらまた再熱したりしています。議論が交わされている場所も無数にあります。それから、僕自身はWordPressコアの開発には加わっていないので、裏事情までは知りません。幾つか英語の記事や、Trac上のチケット、そしてそれらに寄せられたコメント等を読んで、状況を大体把握できたしだいです。そこはご了承下さい。

修正(2010-10-29 00:31):記事のタイトルの「片隅に」の「に」が抜けていたので修正しました。 thanks @naokomc

続きを読む ちょっと頭の片隅においておくといいかもしれないWordPress関連の2つの論争

「マット・マレンウェッグ:WordPressとGPL」の動画を和訳しました

「マット・マレンウェッグ:ワードプレスとGPL」の動画を和訳しました。動画の内容は、WordPress創始者であるマット・マレンウェッグへのWordPress and GPL(ワードプレスとGPL)と題されたインタビューです。

マット・マレンウェッグによる GPL についてのインタビュー。GPL が WordPress にもたらす利益、WordPress が GPL ライセンスである理由、GPL がどのようにイノベーションを育てるか、GPL のテーマやプラグインへの影響、そして GPL が生み出す価値について。

WordPress.tvにて公開されたのが、ちょうどWordCamp Kyoto 2009の直前だったので、和訳無しのバージョンはそのタイミングで見られた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

WordCamp Kyoto 2009でも確かGPLについての質問等があったと記憶しています。やはり現状としては、まだまだ理解しづらく、WordPressにおけるGPLの適用範囲や、GPLのテーマ vs. 非GPLのプレミアム・テーマといった話題についても「理解しているようで理解していない」方が多いのではないでしょうか。

このインタビューは、マット本人がこの話題に関しての疑問を答えているものです。理解を深める参考になれば幸いです。僕もこの翻訳作業の過程で少し理解を深めることができたと思っています。

ja.wordpress.org公式のブログ記事「テーマも GPL ライセンス」と、ウェブ上の情報も併せて読むのがオススメですので是非。

この動画を翻訳するにあたり、Automattic, Inc.マクラケン直子さんに、翻訳のチェックや、日本語文章の直しをしていただきました。ありがとうございます。感謝です!

(関係ないですが、このビデオはWordPress 2.9の新機能メディア埋め込み機能を利用して、記事に埋め込みました。リッチ・テキスト・エディター派な方には便利な新機能ですね!)