東京と大阪の駅で

先日東京へ仕事の面接に行って来ました。(面接結果などはまた後日と言うことで。)東京へは何回が行ったことがあるのですが、今回改めて気づいたことがある。東京の地下鉄に乗ったとき、すごく静かだなぁと思いました。ほんとに静か。これはJRでも私鉄同じ。電車ではないですよ、人です。

プラットフォームで並んでいる人も、足早に歩いてる人も、友達どうし(?)で歩いてる人たちも、なるべく静かに騒がず行動している印象。かたや大阪。うるさい、騒々しい、やかましい。まず大阪のおばちゃん。電車の中だろうが、駅構内だろうが、ところかまわず井戸端会議状態。おばちゃんたち以外でも、大声で話す人が多い。東京に住む親戚の人たちもやはり同じ印象を抱くそうで、大阪のおばちゃんの話し声をを聞いて、「大阪に戻ってきた」と感じるらしい。

静かに粛々とせかせかしている東京の駅風景。騒々しくせかせかしている大阪の駅風景。これが東京と大阪の文化の違いかなぁ。