Visual.SpellCheckが使えない

英語でポストを書くのが多いのでスペルチェックを探していました。そしたら、すごく良いプラグインを見つけたんです。Visual.SpellCheckと言う最近リリースされたプラグインです。ネーミングから想像が付くと思うのですが、Ajaxベースのスペルチェックです。プラグインのサイトへ行くとデモがあるのでcheck spelling(青色)をクリックしてみてください。

早速インストールしてみたのですがやっぱり使えませんでした;(。原因はダウンロードする前から検討はついていたのですが、Pspellがサーバにインストールしてある必要があるのです。でそれがインストールされていない。

全て理解したわけではないですが、PspellはPHPの関数で、これを使うと文章のスペルチェックができる。しかし、Pspellを使用するためにはaspellと言うライブラリやらがPHPにインストールされている必要がある。おそらく日本のレンタルサーバにわざわざ英文のスペルチェックのライブラリなんかをインストールしているところがあるとは思えない。おそらく無理だろうなと思っていたら案の定ダメだったので、Waviaeiが置かれているさくらのレンタルサーバーに後日問い合わせてみた。返事はやはりインストールされていないとこの事。また、要望として受け付けるがその可能性・時期ともに分からないと。

海外(欧米?)のサーバでは大抵OK、つまりPspellが使える、だろうと書いてあったけどやっぱり日本じゃ厳しい要望かな。しかたない。Pspell使わないスペルチェックがあるか探してみます。

スラムダンク占い

Mayukoさんとこの記事を読んで、スラムダンク懐かしいなぁ~、と思い自分もスラムダンク占いやってみる。外見は全然似てないけど、マイペースってのは合ってるかも。

あなたは【赤木剛憲】タイプです。
ガンコでマイペースなあなた。
いつも自分のペースでじっくり行動しますが、大変な努力家で、小さな積み重ねを決して忘れることはありません。
自分で夢中になったことに対しては、気力と体力のすべてを費やして、やり遂げるだけの実力を持っています。
ややプレッシャーに弱い面もありますが、堅実な実力がそれをカバーすることになるでしょう。
そんなあなたを『スラムダンク』のキャラでいうならば【ゴリこと赤木剛憲】がぴったりです。
物語では湘北の大黒柱として、チームを底から支え、全国へと導きました。

あなたにぴったりのセリフ集
「リバウンドを制する者は試合を制す」
「ちが~~~~う!!」
「ウホッ!」
「オレたちは強い!」
「骨が折れてもいい……歩けなくなってもいい……!! やっとつかんだチャンスなんだ!!」
「オレたちゃ別に仲良しじゃねえし、お前らには腹が立ってばかりだ。だが……このチームは最高だ」

キャラ紹介:【赤木剛憲】
通称ゴリ。ゴリラダンクが武器の湘北高校C4番。キャプテン。197cm。97kg。
バスケットを愛し、ものすごい素質を持ち、実力的には県内屈指のプレイヤーでありながら、チームメイトに恵まれず埋もれ続けてきた男。
ハエたたき、ゴリラダンクなど、強烈な武器を持つ。

天性の煌き  49%
忍耐努力度  100%
個性の高さ  18%
天才自覚度  29%

The use of tag.php in Ultimate Tag Warrior

One of the plugin which I was very interested in using is the Ultimate Tag Warrior (UTW). It is an excellent and very powerfull plugin which lets you to incorporate the trendy “tagging” in to WordPress. I did actually look around for other plugins that were a bit more simple, but in the end, I decided to go with UTW. Simply, I felt that as I am new to the WordPress, and not a PHP and MySql expert, I will go with the popular one which will likely to have more documents about it on the web. Just incase I bump into a problem. You could argue that complex and data base fiddling plugin like UTW, is not really something for novice to tackle, but I was willing to take that risk. If something really bad happens … that will teach me that taking backups often is a very very important thing to do!

It was all so well. Installation was very easy, just like any other WordPress plugins. After I switched off “Automatically add categories as tags” on the Tag Options pannel, I added few UTW tags there and there in the theme files. You can see it in the Archives page, Monthly Archive page, and single post page. But something I struggled was, how to display an archive page for a particular tag. A local tag link. So when a visitor clicks “wordpress” tag, it will show the list of all post on my site which are tagged with “wordpress” tag.

I have to say that I, as a relative novice, felt it was the most unhelpfull section of the both local and web help. Mainly because there were no example template, and rather short mention of is_tag() were confusing. Also, do I have to use tag.php, or can I use archive.php ?

The solution was very simple. This is how I did it, which may be useful for someone outhere who are stuck, like I was.

So how is it done ?

First of all, the template hierarchy for showing /tag/sometag is:

  • 1. tag.php
  • 2. index.php

Basically, UTW will look for tag.php first, then if doesn’t exist, index.php. Are happy with UTW using index.php, and generating the result page in the main index page fashion ? If you are not, then read on.

I nearly forgot to say; I think using tag.php only works with using fancy URLs for tags. If you are not using fancy URLs, UTW will always use index.php, I think.

You need to edit, so that tag.php is a template to how /tag/sometag page is shown. I wanted to generate the page to look like an archive page, so I made a copy of archive.php, and renamed it to tag.php. A required thing within tag.php is to conatain a WordPress Loop. No need for UTW template tags. I use Hemingway theme, and deleted unwanted stuff within the WordPress loop. Thats things like “if is monthly archive…” and “if is daily archive…”. The final tag.php for my Hemingway look something like:

[php]

Archive for the posts tagged with


  • <a href="”>
    – posted in

Not Found

About the archives

[/php]

You can see the WordPress loop in the div class=primary.

You should edit your tag.php accordingly to how you want it to look. I will probably look different, if you are working on the deferent theme, but importat thing is that it have to contain The Loop. Throw this tag.php file into the theme folder which you use. This should work. No UTW template tag, and nothing special about it. Just an ordinary WordPress template file, with WordPress loop in it.

テキストエディタで困った

昨日夜遅くのことです。投稿画面にクイックタグを手軽に追加するWP-AddQuicktagプラグインを使おうとして、いつものようにPluginsパネルからAcitivateをクリックすると警告メッセージが・・・

headers already sent by ・・・(省略)・・・ .php on line ・・・

一瞬ビビリましたが、ブラウザの「1つ前に戻る」をクリックすると、なぜかプラグインはオンになってる。View siteでサイト確認すると何事も無かったかのように表示される。プラグインも問題なく動作してる。「今のはなんやってん?」と思いながらもそのまま使用。

しかーし。やはり問題があったのです。なにげにW3CのHTML Validatorでチェックすると問題なくValidateされますが、「Byte Order Mark(BOM)が含まれています」と注意書きが出ます。思い当たる節あり。WP-AddQuicktagはzip形式でダウンロードするのではなく、ブラウザ内でtxtとして開くファイルをエディタにコピペ、phpとして保存して使用する形で配布されてる。以前UTF-8にはBOM有りとBOM無しの2種類があり、phpやcgiとして使用するときはBOM無しで保存すべしと言うのを読んだ事があります。それ以後、BOMに気をつけながら、TeraPadと言うテキスト・エディタと、PHPeditorと言うPHPエディタを使用していたのですが、どうやら保存設定か何かを間違えたのです。

原因が分かったので、WP-AddQuicktagをもう一度エンコードに気をつけてTeraPadで保存し直し最アップします。しかし変わらずBOM有りと出ます。さては、themeファイルの方か、他のプラグインの方もBOM有りなのかといじっていると、今度はUltimateTagWarriorの表示にエラーが!

一時は再インストールを覚悟しましたが、UTWはいつの間にかDeacivateになっていた事がわかり、再度Activateし直すと正常に作動。BOMエラーのほうもWP-AddQuicktagをプラグインのサイトからコピペし直してBOMが取れました。今はWPもプラグインも正常にうごいているようです。今回の教訓は以下の3点です。

  • “headers already sent by …”で始まるエラーはBOMが原因
  • UTF-8で保存できるエディタにもBOM有りでしか保存できないのとBOM無し(UTF-8N)でも保存できるのがある
  • 今回は必要なかったが、ファイルとデータベースのバックアップは大事

テキストエディタを探す

今回の事件(大げさ)をきに使用しているエディタを再検討してみることにしました。以前は(X)HTML+CSS+Perlをez-Htmlで、そのほかをTeraPadで編集していました。しかし最近はXHTMLのPHPファイルと、CSSを編集する事が多いのです。ez-HtmlもTeraPadも、PHPの色分けができません。そこでPHPにはPHPエディタを使用していたのですが、最近文字コードの認識と保存設定がどうも上手くいっていない気がします。そのほかには最近CrescentEveをCSS編集に使用するようになりした。タグと色の候補を表示してくれるのが好きです。現在使用しているエディタをまとめると:

  • PHPエディタ – PHP
  • Crescent Eve – CSS、簡単なHTMLの修正
  • TeraPad – txtなど、その他もろもろ

唯一満足しているのはCrescent EveでCSSを編集するときだけです。PHPエディタはアンインストールしました。TeraPadは上手く使いこなせていないだけなのかもしれないが、どこか中途半端。どうにか1つか2つにまとめられないだろうか?確実にUTF-8Nで認識・保存ができ、多種多様な形式のファイルに対応。もちろんコードの色分けもでき、候補もだしてくれる。こんなエディタは無いだろうか・・・フリーで 😉

ネットで探し回ってとりあえずNoEditorEmEditor(Free版)をインストールしてみました。これからこの2つを試してみます。これ以上の候補となると秀丸EmEditor Prpffesionalと言うシェアウェアになってしまうと思うのですが、何かオススメのエディタはあるでしょうか?CSSはCrexcentEveで満足しているので、PHPの為のオススメエディタがあれば教えてください!

WordPress with multibyte languages

WordPress uses UTF-8 as a default, so you wouldn`t think that there aren’t any problems using Japanese. But the truth is that there are.

Ther are two main problems. When you use the excerpt tag, the WordPress will automatically show limited number of words, 120 words but default I think, with […] at the end. This is often used on the home index page, just like this Hemingway theme does. The problem is that when the content of the post is in Japanese, the whole of that content is shown. Not an excerpt. The other problem is that the “search” do not work. I type in some Japanese word, which I know it exists in my post, but does not return any result.

So. I searched around on the web, and I found the problems and solutions on Jam’s WordPress page. I am not a progmmer, so I am not sure of the detail, but the both problems seems to be associated with the different in context that the Asian languages use, and WordPress do not take in account of that possibility.

The bit I can understand, because its not to do with programming, is the context. Japanese language do not use whitespace to recognise “word”. I believe that this is also true for other Asian multi-byte language like Korean and Chinese. Apprantly, WordPress’@ excerpt count the words by recognising the whitespaces in between. If the content is in Japanese, it will recognise the whitespace at the end of the paragraph as end of the word. As a result, if the post contain five paragraphs, WordPress sees it as five words, and will looks like it is showing the full content.

The “Patch for WordPress 2.0.1 to support Asian text in its excerpt constructing functions” is in diff format, not as a plugin. Thats because the core files needs to be hacked. So thats a downside of applying this patch, especially for those who are not confortable with PHP. I have no experience with maintaining a UNIX system, so I struggled to appyl the patch at first.

For the solution of the search problem, apply the “Search excerpt plugin supporting Asian text”, which is a modified version of the ylsy_search_excerpt.

Some links:

Note on the files that the patch hacks:

  • wp-trackback.php
  • ./wp-includes/comment-functions.php
  • ./wp-includes/feed-functions.php
  • ./wp-includes/functions-formatting.php
  • ./wp-includes/functions-post.php
  • ./wp-includes/functions.php

asiantextss1asiantextss2